お役立ち!鍵修理の厳選6社

トップページ > 鍵の修理についての豆知識 > 鍵修理業者に対策としてダブルロックをお願いするメリットとデメリット

鍵修理業者に対策としてダブルロックをお願いするメリットとデメリット

いうまでもなく、効果的な対策を講じる必要があり最たるものに空き巣の被害対処があります。
家屋においての侵入窃盗犯罪は、全国で毎日のように発生しています。
ほんの少し自宅を離れている隙に空き巣に入られ、被害に遭う人も多くいます。
ロックしていない家に侵入する場合ももちろんのこと、施錠をしているにも関わらず、鍵破りを行なって侵入されるケースがあります。
侵入犯罪を阻止するには鍵の防犯性を高くし、鍵破りされないようにすることが重要になります。
多くの人が、空き巣被害の対策として、鍵修理業者にお願いして、鍵を2つつけるダブルロックを検討します。
玄関の鍵を2つにすることは、対策としては効果を発揮する方法といえ、不安なく生活ができます。
しかしながら、メリットもあればデメリットもあることを考慮しないといけません。


空き巣犯に関しては、多くの場合空き巣に入る前に事前調査を行ないます。
家族構成、そして出入りの時間などをチェックし、入りやすい家を狙います。
鍵修理業者にお願いして鍵を2つセットするケースでは、ターゲットとして外される場合が多いといえます。
2つある状態は、住居者が気を使って、そのほかたくさんの対策をしている可能性を考える為です。
また、鍵を2つ用いるもう一つの利点として不正解錠の防止があげられます。
鍵については不正解錠、またはこじ開けによる錠破りで、不法侵入されることになります。
不正解錠を取り止めにするのは、おおよそ5分と指摘されています。
鍵を2つつければ、2倍の時間が要求されますので、不正解錠に時間がとられます。
その結果2つの鍵をセットすると、空き巣に入られる率を減らすことができます。


それに対して、鍵を2つセットするデメリットとして、いうまでもなく鍵を2つ開けたり締めたりすること手間が掛かることがあげられます。
鍵を開けるのは、1分もかかりません。
その一方で、あらゆることが省エネルギーの時代ですから時間も同一のことを言うことができます。
時間がない現代の人は、少しの時間であっても無駄にすることなどできません。
こういったことによって鍵を2つセッティングしても、結果として面倒となって、1つだけしか鍵を締めないといったような結果になってしまうこともかなりの確率であります。
それにもかかわらず、アドバンテージであるターゲットにされ辛くなることは、メリットとして非常に大きいので、心配することなく毎日を過ごす上でダブルロックに関しては効果的といえるでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP