ポスティングで時間を有効に活用

ポスティングは自分の空いた時間で行えることが魅力です

時間を活用できるポスティングのメリットを紹介します

バイトをしてお金を稼ぎたい。けれど、他にも用事があったり自由になる時間が少ないので、長く働くバイトは難しい、あるいは週に何回もバイトを入れるのは色々な事情があって難しい、など、人によって色々な制約があってたくさんバイトが入れられない場合があります。そんな時に、すきま時間を上手に使ってできるバイトがポスティングです。ポスティングの仕事はどういうものかというと、担当地域の各家庭を回って、ポストにチラシなどを差し込む仕事です。ピザのデリバリーや不動産関係、習い事や塾などのチラシなどが多くなっています。決められたノルマを配り終えれば仕事が終了するので、短時間だけ働くことが可能です。配るタイミングもある程度は決まっていますが、会社で働くほど細かく区切られていないので、融通が利きます。

ポスティングの仕事に見られる特徴

仕事内容としては、宣伝チラシなどを各家のポストに差し込んでいくという単純なものです。徒歩または自転車で配っていきますので、運動不足の解消にもなります。給料は完全出来高制で支払われますので、自分で顧客の開拓をする、などという煩わしさも必要ありません。仕事の分量も自分のペースに合わせて調整することができます。多くお給料が欲しい時は働く日数を増やし、他の用事などで忙しい時は働く日数を減らすなどして対応していけば良いのです。求人広告は、日払いで募集していることも多く、逆に言うと毎月決まった金額の給料が欲しいという人には向かないバイトです。ただし、登録制の企業もあり、毎週決まった曜日に仕事を行うパターンもあります。それは、求人を出している企業のあり方次第で変わってきます。

ポスティングの仕事の流れと注意点

仕事の流れとしては、自宅から近い支社などにチラシを取りに行きます。会社によっては、自宅に配送してくれるところもあります。決められた担当地域の家庭を回って、チラシを差し込みます。すべて終えたら支社に行き、終了報告をします。終了報告をすれば仕事は終わりなので、気楽に仕事をすることができます。ただし、注意点もあります。まず、チラシを差し込んではいけないという家庭があります。間違って差し込んでしまうと、苦情の電話が来ることになりますので、配ってはいけない家庭には配らないようにしましょう。また、雨の日の場合、上手に配らないとチラシが濡れてしまう場合があります。ポストから出ないように差し込むなどの配慮が必要です。差し込んだチラシが濡れたために、ポストの中に入っていた郵便物が濡れてトラブルになるケースもあります。

Theme by Anders Norén